Column コラム一覧に戻る

ツイギースワッグとシンプルリース

2009.11.26

毎年クリスマスアレンジをご注文頂くA様。一昨年と昨年は、玄関ドアに飾る特大リースを作らせて頂きました。今年のお題は【セットアレンジ】です。玄関にはペッパーベリーだけのシンプルリースを、扉を開けたエントランスの柱には白樺の枝をまとめたスワッグと、視線の繋がる距離感でディスプレイされるそう。打ち合わせは電話での短いやりとりだけですが、A様のご希望のイメージは、私も大好きな『感じ』で、よくわかります。素材はシンプルでも、たっぷりとまとめて迫力を引き出した2点です。

   2009-11Order 22.jpg  2009-11Order 0015.jpg
  
ペッパーベリーは普段はアクセント程度にちょっぴりだけしか使いませんが、直径30cmのリースにはかなりの量を使用しました。一方のスワッグにも束ねた首元にあしらって、統一感を持たせましたが、実はここに少々の工夫ポイントが。リースは完熟した綺麗なピンク色の実だけで、スワッグの方は白からほんのりピンクがかった部分も含めたグラデーションを効かせてあります。枝は、ラインは繊細でも充分にワイルドですからね。優しい雰囲気に仕上げる事が出来ました。

白樺の枝先だけで作ったツイギーリースは、私のアレンジの原点とも言えて、コラムにも書いた事がありました。今回のスワッグはA様のアイディア。懐かしさと新鮮さを一緒に感じながら、気持ちよく作らせて頂きました。今度はアトリエの入口に、もうひとつです。